【注意点を確認】中古の美容器具にも運用コストがある場合もある!

HOME>オススメ記事>【安さだけにこだわらない】中古の美容器具を購入するときの選び方

【安さだけにこだわらない】中古の美容器具を購入するときの選び方

美容機器を使う人

中古のエステ機器で初期コストを抑える

エステサロンを開業する時には効果のあるエステサロンを開きたいと思うと思います。専用のエステ機器を使用することで、技術に自信がなくても安定した効果を出せるエステサロンを開くことが出来ます。また、オールハンドエステより施術時間を短縮できます。さらに、回転率が上がるので良い売上げを期待できます。エステ機器はかなり高額なものですが、中古のエステ機器を選べば初期投資金額を抑えることが可能です。

中古で業務用エステ機器を買うときのポイント

レディ

ランニングコスト

機器本体だけはなく、施術の際に必要なクリームやジェルなどを確認しておきましょう。エステ機器によっては電気代が大きく変わる場合があります。施術したときの一人あたりにかかる費用を計算しておきましょう。エステ機器本体の値段は手頃でも、施術をした場合にかかるコストが高いと経営に大きく響く原因になります。

価格をチェック

業務用の美容器具には、痩身機器や脱毛器、美顔器があります。新品で買うと300万円や400万円など高額になり、初期投資にかなりの金額が必要になります。しかし、中古であれば高額な美容器具もコストを抑えて買うことが出来ます。ですが、極端に安い器具ですと機能面に問題があり、効果を見込めないこともあります。中古のエステ機器の相場価格を確認しておきましょう。

大きさを調べておく

価格や機能ばかりに気を取られていて、購入後に施術ルームに入らないといったこともよくあります。業務用のエステ機器は基本的に大きいので必ずサイズの確認をしておきましょう。エステ機器だけではなく、施術ルームの広さも確認しておく必要があります。

広告募集中